野菜が好きになる絵本|野菜嫌いの子に贈りたい【食育にも◎】

野菜などの食べ物と赤ちゃんのアイキャッチ画像
※当ブログにはプロモーションが含まれています

はじめに

毎日の食卓。野菜嫌いのお子さんに、お悩みのママも多いのではないでしょうか?

時間をかけて作った食事を残されると、空しい気持ちになりますよね。

この記事は、絵本を通してお子さんに野菜への興味を育むきっかけをご提供します。

野菜嫌いの子に贈りたい、楽しさと学びが詰まった絵本のご紹介です。

(※絵本の画像クリックで、楽天のページに移動します)

絵本の紹介

やさいさん

作:tupera tupera 

出版社:Gakken

おすすめ年齢:0 ~ 3歳

「やさいさん やさいさん だあれ」

畑に隠れているやさいさんが、「すっぽーん」という言葉とともに、次々現れます。

何の野菜が隠れているか、子どもと当て合うのも楽しいです。

個性的なキャラクターが目を引く、しかけ絵本です。

やさいいろいろかくれんぼ

作:いしかわ こうじ 

出版社:ポプラ社

おすすめ年齢:0歳 1歳 2歳~

こちらも、身近な野菜がかくれんぼするしかけ絵本。

ページをめくると、現れる美味しそうな野菜たち。

角の丸い厚みのあるページで、赤ちゃん期から楽しく遊べます。

やさいのおなか

作・絵:きうち かつ 

出版社:福音館書店

おすすめ年齢:2歳 3歳 4歳 〜

通っている保育園で紹介されたのが、この絵本。

読む前は、「やさいのおなか?」と、疑問でしたが、

野菜の断面から、何の野菜かを想像する、遊び心ある絵本でした。

冷蔵庫にある「やさいのおなか」と見比べてみるのも、楽しいかも知れません。

おやさいどうぞ

作:きのした けい 

絵:阿部 真由美 

出版社:コクヨ

おすすめ年齢:0 〜 5歳

カレーライスとサラダを作る、シンプルなお話。

野菜の皮を剥く前と後や、野菜を切る前と後が分かる内容になっています。

料理やお手伝いに興味がわきそうですね。

おやさいしろくま

作・絵: 柴田 ケイコ 

出版社:PHP研究所

おすすめ年齢:4歳 5歳 ~

「パンどろぼう」シリーズ(KADOKAWA)で、大ブレイク中の柴田ケイコさんの作品。

ゆるいしろくまの絵に、癒されます。

シリーズ累計が30万部を超える、大人気の絵本です。(2023年11月時点)

やさい

作:平山 和子

出版社:福音館書店 

おすすめ年齢:2歳 ~

色んな野菜の「畑の姿」「八百屋さんに並んだ姿」が出てきます。

野菜が畑でどういう風に育つのか、読み手に教えてくれる絵本です。

まるで写真のような、みずみずしい描写の絵は圧巻の一言。

同じシリーズの「くだもの」や「おにぎり」もおすすめです。

おやさいとんとん

作:真木文絵

絵:石倉 ヒロユキ

出版社:岩崎書店

おすすめ年齢:0 ~ 4歳

「にんじん にんじん とんとんとん」

リズミカルな言葉は、子どもも大好き。

適度なボリュームで、リズムよく読めるので、気軽に手に取れるのも嬉しいです。

おわりに

椅子に座って絵本を読む女の子の画像

どの絵本も素晴らしいのですが、

「やさいのおなか」「おやさいしろくま」「やさい」は娘も大のお気に入り。

図書館で借りて、何度も繰り返し読んでいました。

この記事が、もしどなたかのご参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント