子どもが自分からトイレに行きたくなる絵本!トイレトレーニングに◎

赤ちゃんと2匹の怪獣が描かれたアイキャッチ画像
※当ブログにはプロモーションが含まれています

はじめに

成長の過程で、トイレトレーニングは重要なステップの一つです。

この記事は、お子さまのトイレトレーニングのサポートに、ぴったりの絵本をご紹介します。

(※絵本の画像クリックで、楽天のページに移動します)

トイレトレーニングにおすすめの絵本5選

ノンタンのおしっこしーしー

作・絵:キヨノ サチコ

出版社:偕成社

対象年齢:1歳 ~

「しー しー しー なんのおと?」

「トイレトレーニングといえば、まずはこれ!」と言える定番の絵本。

リズミカルな言葉で、ノンタン達がおしっこの様子を楽しく伝えます。

手に取りやすい価格で、トイレトレーニングの始めの一歩に、特におすすめできる絵本です。

おむつのなか、みせてみせて!

文・絵:ヒド・ファン・ヘネヒテン

訳:松永 りえ

出版社:パイ インターナショナル

対象年齢:2歳 3歳 4歳 ~

世界20ヶ国以上で大人気のベストセラー絵本。

おともだちのおむつの中身に、興味津々なねずみくんが主人公。

お子さんの好奇心を刺激し、トイレトレーニングをサポートしてくれます。

ぷくちゃんのすてきなぱんつ

作・絵:ひろかわ さえこ

出版社:アリス館

対象年齢:1歳 ~

パンツの練習を始めたぷくちゃんは、おもらしの失敗ばかり。

「でも、だいじょうぶ。ほらね、おかわりぱんつ。」

お母さんが代わりのパンツを用意してくれます。

失敗しても大丈夫。

そんなメッセージが、お子さまの自信を高めます。

おしっこおしっこどこでする? 

絵・文:レスリー・パトリセリ 

訳:大浜 千尋

出版社:パイ インターナショナル

対象年齢:1歳 2歳 ~

世界での発行部数70万部を超える、バイリンガル絵本。

赤ちゃんがトイレでおしっこできるようになるまでが、コミカルに描かれています。

トイレトレーニングのファーストブックにぴったりです。

「バイリンガル絵本」とは

「日本語と外国語」の両方で書かれている絵本のことです。英語や、それ以外の語学の入門にもおすすめです。

おトイレさん 

作・絵:きたがわ めぐみ

出版社:教育画劇

対象年齢:2歳 3歳 4歳 ~

我が家の娘も、大好きな一冊。

「うん・どうじょう」「いっトイレー」「おべんきでー!」

おやじギャグ連発のおトイレさんが、楽しくトイレトレーニングをサポートします。

まとめ

今回は、「子どもが自分からトイレに行きたくなる」トイレトレーニングにおすすめの絵本を5冊ご紹介しました。

子ども達の成長にとって、大きな一歩でもあるトイレトレーニング。

絵本の力を使って、楽しく進めることができるといいですね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント