「はじめてずかん1000」と「まいにちのことばずかん1500」の違いは?【徹底比較】

本を読む眼鏡の少女が写ったアイキャッチ画像
※当ブログにはプロモーションが含まれています

「はじめてずかん」と「まいにちのことばずかん」の違いは?

買ってから、子どもが楽しく遊んでくれるか不安・・

この記事は、「はじめてずかん」と「まいにちのことばずかん」の違いを、画像や表を使ってご紹介します。

後半では、保護者の方の実際の口コミもご紹介しています。

ぜひ最後までご覧になってみてください!

「はじめてずかん1000」と「まいにちのことばずかん1500」の違いは?

寝転がって絵本を読む男の子の画像

「まいにちのことばずかん」は「はじめてずかん」の続編として、2022年12月に発売されました。

違いは、次の表をご覧ください。

はじめてずかん
1000
まいにちのことば
ずかん1500
価格4,928円(税込)5,940円(税込)
発売日2020.6.172022.12.05
ページ68ページ68ページ
対象年齢0歳~小学校入学
まで
0歳~小学校入学
まで
言語日本語/英語日本語/英語
内容単語(名詞)メイン会話メイン
会話の中に動詞・
形容詞が豊富
日本語ː6曲
英語ː2曲
英語ː15曲
クイズ
(ゲーム)
39(4)36(18)
文字表ひらがな、カタカナ
アルファベット
アルファベット

大きな違いは価格と、内容(単語が中心会話が中心か)。

日本語と英語モードを切り替えて遊べる点など、基本となる部分は変わっていません。

「まいにちのことばずかん」では、ゲームの数が増え、より遊びを通して学べるようになっています。

「はじめてずかん」と比べて、文字表や歌が英語のみになっていることから、

英語に関する内容が充実しているといえそうです。

「はじめてずかん1000」と「まいにちのことばずかん1500」の口コミは?

ここからは、「はじめてずかん」と「まいにちのことばずかん」。

両方を使用したお子さんを持つ、保護者の方の口コミをご紹介します。

「はじめてずかん1000」の口コミ

子どもが小さい内は見守りが必要かも…

ペンを使うので、(子どもが小さい内は)つきっきりでないと危ないと感じました。

長く使える!

0歳から7歳くらいまで使えるので、数年使い続けられるのはメリットだと感じました。

本物の写真が使われている

本物の写真を見ながら、鳴き声や音が鳴るため、子どもが認識しやすいと思いました。

「まいにちのことばずかん1500」の口コミ

重さを感じる…

幼児が持ち歩くにはやや重く、できれば装置自体をもっと軽量化してほしかったです。

小さい頃はことばずかん1000で十分?

まだ子どもは小さいため、ことばずかん1000でも十分かなと感じました。

載っているものの数が多い!

載っているものの数が多いので、実際にみたことがないものも覚えることができます。

「はじめてずかん」と「まいにちのことばずかん」の口コミについては、次の記事でも詳しくご紹介しています。

気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

「はじめてずかん1000」と「まいにちのことばずかん1500」を画像で紹介

ここからは、「はじめてずかん」と「まいにちのことばずかん」を画像でご紹介します。

(※画像クリックで楽天のページに移動します)

「はじめてずかん1000」の画像

次は「まいにちのことばずかん」です!

「まいにちのことばずかん1500」の画像

付属のペンで、写真や絵をタッチすると音声が流れ、言葉を楽しく学ぶことができます。

ゲーム・クイズ・歌など、遊べるページも盛りだくさんです。

商品ページでは、動画で内容を確認できました。

詳細は以下のボタンから、ぜひご確認してみてくださいね!

実際に「まいにちのことばずかん1500」で遊んで感じたこと

3人の子供が後ろを向いて手をつないでいる写真

「まいにちのことばずかん」では、あいさつや会話のフレーズが多く出てきます。

個人の感想ではありますが、言葉を覚え始める1歳前後のお子さまには単語が中心の「はじめてずかん」

あいさつや会話を覚える2歳頃からは、「まいにちのことばずかん」がより楽しめるのではないでしょうか。

我が家では、2歳のクリスマスに「まいにちのことばずかん」を購入しました。

娘は毎日のようにずかんを手に取って遊んでおり、買ってよかったと感じています。

この記事が、お子さまの成長の一助となればとても嬉しいです。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント