赤ちゃんや子供が絵本を破るときの対策5つ!どうして破るの?対処法も紹介

かわいい赤ちゃんが写ったアイキャッチ
※当ブログにはプロモーションが含まれています

ママ友
ママ友

赤ちゃんや子どもが絵本を破るのはどうして?

対策や破れたときの対処法も教えて!

せっかく買ったり、人から貰った大切な絵本。

お子さんにびりびりに破かれてしまうと、心が折れますよね。

この記事を読むと、赤ちゃんや子どもが絵本を破ってしまうのはどうしてか?

その理由と、対策方法が分かります。

この記事を読んで分かること

  • 赤ちゃんや子どもが絵本を破る理由
  • 絵本を破られないための対策
  • 破られてしまった時の対処法

赤ちゃんや子どもが絵本を破るのはどうして?

寝転がって絵本を読む男の子の画像

赤ちゃんや子どもが絵本を破るのは、破ったときの「びりびり」という音や、感触が楽しい場合が多いです。

また、まだ破いて良いものと、そうではないものの区別がついていないこともあります。 

✔ お子さんが絵本を破ってしまったときは、「絵本さんいたいだよ」と「大切にしようね」など声をかけましょう

✔ 言葉の意味が分からない月齢でも、繰り返すことで、絵本を破るのは良くない事だと分かるようになります

大人が慌てて止めに入ると、「絵本を破る=かまってもらえる」認識となり、絵本を破る行動がひどくなる事があります

絵本を破られないための対策5選

椅子に座って絵本を読む女の子の画像

ボードブックなどの厚い絵本を選ぶ  

ボードブックは、ボール紙などの厚手の紙を貼り合わせて作った本です。

頑丈で、ちょっと乱暴に扱っても破れにくく、幼児向けの絵本に多く用いられます。

おすすめのボードブックについては、以下の記事でも詳しくご紹介しています。

布製の絵本を選ぶ 

布製の絵本もおすすめです。

洗濯できるものも多く、なんでも口に入れたがる時期に特に適しています。

破れやすい本はお子さんの手の届かないところに保管

破れやすい絵本は、お子さんの手が届かない高い所などに保管し、

大人と一緒に読むようにするのも一つの方法です。

お手頃な価格の中古本を購入

この時期だけと割りきって、手頃な価格の中古本を購入する方法です。

ブックオフやメルカリなど、半額以下で購入できる場合もあります!

新聞やチラシなど、破っても大丈夫なものと交換

どうしてもなにかを破りたいお子さんには、新聞やチラシと交換し、好きなだけ破らせてあげましょう。

新聞紙を「ぐしゃぐしゃ」丸めたり、「びりびり」破くのは、手や指先の力を養うことにつながります。

新聞紙遊びは、保育園などでも取り入れられる、乳児に人気の遊びです!

絵本を破られてしまったきの対処法

もしも絵本を破られてしまったときには、絵本の補修テープを使った補修がおすすめです。

セロハンテープの使用はNG。

時間がたつと、黄ばみが出たり、剥がれてきてしまいます。

放置すると、破れたところから破損が進みます。お気を付けください。

まとめ

机の上に本やリンゴ、アルファベットが置かれた画像

今回は、赤ちゃんや子どもが絵本を破る理由と、対策についてご紹介しました。

個人差もありますが、絵本を破る行動は、3歳くらいまでに自然と収まることが多いようです。

この記事が、親子で絵本を読む時間を楽しいものにする、助けになればとても嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント