トレーニングパンツは意味ない?いらない?不要な理由3つと使わない方法

笑顔の赤ちゃんがタオルを持ったアイキャッチ画像
※当ブログにはプロモーションが含まれています
ママ友
ママ友

トレーニングパンツって意味ないの?いらない?

使わない方法があるなら教えて!

この記事は、そういったお悩みを持つ方に向けて書きました。

結論、トレーニングパンツは意味なし。

始めから普通のパンツを履くのがおすすめです

この記事を読んで分かること
  • トレパンが意味ない3つの理由
  • トイトレを始めるタイミング
  • トレパンを使わない方法

園の先生から教わったこの方法で、我が家は約3ヶ月で昼間のおむつが外れました!

おむつが外れると、おむつ代もかからないし、お出かけの荷物も減って快適ですよ。

トレーニングパンツが意味ない3つの理由

羊の着ぐるみを着た赤ちゃんの画像

子どもがおしっこが出ていることに気付かない

トレーニングパンツは、よく「おしっこで濡れた感覚が伝わりやすい」と言われます。

確かにおむつと比べ濡れた感覚はあると思いますが、

遊びに夢中になっている子どもは、気付かないことも多いです

乾くのに時間がかかる

トレーニングパンツは、乾くのにとても時間がかかります。

理由は、股布の厚さが3~4層、6層になっているものもあり、おしっこを吸収する目的で作られているためです。

あさ外に干して、8時間。

夕方やっと乾くといった状況でした…

結局漏れるしまうことも

個人差はありますが、おしっこの量が多いと、履いていても漏れてくることがあります。

正直、衛生面も気になりますよね・・

トイレトレーニングを始めるタイミング(読み飛ばしOK)

以下の項目を満たしてから始めることで、スムーズにトイレトレーニングを進めることができます。

  • おしっこの間隔が2時間以上空き、ある程度尿意を我慢できる
     
  • トイレまで自分で歩ける

  • トイレが排泄を行う場所だと理解できる

  • 簡単な指示や、言葉の意味をある程度理解することができる

  • 補助便座又はおまるに座れる

周りの子のおむつが外れだすと、焦ってしまいますよね。

つい比べてしまうのが人の心理ですが、無理にトイレトレーニングを進めたり、出来ないことを怒ると

子どもがトイレに行きたがらなくなることもあります。

お子さんとご自身にとって、無理のないペースで進めるようにしてくださいね。

大人がトイレしているところを見せたり、絵本の活用もおすすめです! 

トイレトレーニングにおすすめの絵本は、次の記事でもご紹介しています。

トレーニングパンツを使わないトイレトレーニング

用意するもの

  1. 普通のパンツ

  2. ペットシーツ(おしっこの量が多い時に。無くても問題ありません)

  3. キッチンペーパー(新聞紙、古布、雑巾等でもOKです) 

  4. ビニール手袋

  5. ビニール袋 

手順


  • STEP1
    普通のパンツを履いて、普段通り過ごす

    パンツを履き「トイレに行きたくなったら教えて」と伝えます

  • STEP2
    トイレへ誘う

    お子さんの様子を見ながら、「トイレ行ってみようか」など声かけを行います

  • STEP3
    一緒にトイレへ、難しければ無理はしない

    トイレへ行けるまで、根気強く続けます

この方法だと、おしっこが出た時に濡れた感じがダイレクトに伝わり、

子どももおしっこが出そうなことを伝えてくれるようになります。

・おもらしの際は、ビニール手袋を着用、キッチンペーパー等を使用し、外から内に広がらないよう拭き取ります

・おしっこの量が多い時は、ペットシーツで吸水すると早いです

・ラグ・カーペット類は濡れるのを防ぐため、撤去しておくのがおすすめです

パンツのみで過ごすことに不安はありましたが、実際にもらしてしまったのは始めの数回で

結果として早く昼間のおむつが外れたので、試して良かったと感じています。

おもらしをしてしまった際の、片づけ方・消毒方法は、以下の記事でも解説しています。

自分からトイレに行くと教えてくれた時は、たくさん褒め、付き添いましょう。

なかなか上手くいかなくても問題ありません!

おもらしは失敗ではなく、学んでいる途中と前向きにとらえることができるといいですね。

成功したらシール表に好きなシールを貼る、ご褒美シールも効果的です。

100均でも、手軽に手に入ります。

さいごに

白いスカート履いた女の子の後ろ姿

今回は、トレーニングパンツが意味ない3つの理由と、使わないトイレトレーニングの方法をご紹介しました。

我が家では、自分からトイレに行くと言えるようになるまで、下はパンツのみで過ごしました。

始める時期は、気温の上がってくる春から夏がおすすめです。

ここまでご説明してきましたが、決してご紹介した方法が正解という訳ではありません。

お子さんに合った方法が見つかることを、心よりお祈りしています。

★★★

こちらのパンツは薄手ですが、柔らかく乾きやすいです。

2歳の娘は、可愛いと喜んで履いています◎

男の子用では珍しい足口ゴムタイプ。

商品ページのレビューにもありますが、作りが小さめなので、1~2サイズ程upがおすすめです。

当ブログでは、他にも0~3歳頃の育児に役立つ情報を発信しています。

ぜひご覧になってくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント